変更やキャンセルもノーリスクで行える

- 変更やキャンセルもノーリスクで行える

変更やキャンセルもノーリスクで行える

2017年1月17日 6:10 PM

ANAやJALといった大手航空会社ならばある程度はキャンセルや変更に関しての自由は利きますが、だからといってリスクが全くないわけでもありませんし、LCCの場合は保障なんて全くありません。
新幹線のような乗り物ならばたとえ乗り過ごしてしまったとしても比較的簡単に別の電車にと振替えることも可能にはなっていますが、飛行機の場合は直前になっての変更も難しいですよね。

株主優待券を持っていると

ただ、航空会社の株主優待券を所持しているというのならば便のキャンセルや変更を何のリスクもなく行えることになっているので、何かしらで悩んでいる時でも安心して予約しておくことができます。
一応行くつもりだけど、ギリギリまでどうなるか分からない…。というような困った状況に追い込まれてしまっている時には特に効果を発揮してくれるのは間違いありませんし、事前に入手しておきましょう。
ただ安いというだけでLCCでチケットを購入しているとキャンセルしたとしても一円も返金されることはありませんし、多少入手にお金が掛かったとしても優待券を持っている方がいいですよ。

予定が分からない

旅行をする時には前もってしっかり準備をしているので、直前のキャンセルなんて普通は起こらないかもしれませんが、会社からの急な出張を命じられてしまった時なんかはバタバタしますよね。
とりあえず行くことは確定しているのだけれども、帰りがいつになるか分からない…。という時は帰りの便も予約しにくくなってしまいますが、優待券を持っているなら安心できるでしょう。
ともかく株主優待券にはメリットがいっぱいですので、一度検討してみてください。

備えあれば憂いなし

飛行機に乗ったのならば数日後に帰ることは確定しているけれども、現地での予定がどれくらい掛かるか分からない…。という時は多少お金が高くなってしまっても高めの航空券を入手するしかありません。
そのような時にこそ株主優待券を所持しているのならば、いつでも半額で搭乗することができるというメリットがありますし、利用してみるとかなりお得になるはずです。